どれぐらい元金が減るか

説明

弁護士の交渉力で決まる

任意整理とは裁判所を介せずに債権者である金融業者と借金の減額や返済方法、利息のカットなどを交渉しお互い合意し和解契約を結ぶ手続きです。交渉が成立すれば、毎月の返済金額を減らすことができ早期に完済を目指すことができるようになります。任意整理は、弁護士や司法書士など法律のプロの力を借りなくてもできる手続きではありますが、専門家の協力なしに交渉を進めていくことは困難です。例えば、取引履歴を取り寄せて自分で借金の利息を計算するのですが、正確に計算ができなかったり、取引に分断がある場合どのように計算をしていいのかなど素人にはどうすれば分からないところが出てくることがあります。この問題は、債務整理に強い弁護士に依頼をすることで、借金の状況を把握しグレーゾーン金利で契約をしている部分があれば正しい金利に引き直し計算し過払い分があれば取り戻すことができます。また、自分で正確に利息の計算をすることができたとしても交渉しなければならないです。金融業者によっては交渉を拒否されたり、希望の減額金額には応じてくれずこれまで通りの返済を要求されることもあります。そのため任意整理には交渉力が必要になります。任意整理に強い弁護士に依頼をすれば、法的知識だけでなく、これまでの相談実績や経験から返済額や返済期間など個人では難しい交渉も弁護士の交渉力で和解まで持っていくことができます。依頼者は相談をして正式に受任となってからはほとんどすることはなく、和解が成立まで待つだけです。

Copyright© 2018 借金悩みは任意整理で解決しよう|精神的にも解放される All Rights Reserved.