弁護士に相談すべき理由

天秤

督促が止まる

任意整理は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼をしなくても個人で手続きは可能です。そのほうが費用がかからないので、時間があり安く済ませたい方は自分で行った方がよいです。自分で交渉したら減額することができたという人もいますが、個人で行うと交渉は困難を極めそもそも取り合ってくれないケースも多いのです。大手消費者金融であれば、個人でも応対してくれることが多いですが、あまり知名度のない小規模の消費者金融によっては強気の姿勢をとってきたりもします。個人だと任意整理の交渉を申し出たからといって、話し合いで解決するまで返済をしなくていいというわけではないです。交渉中も返済期日を過ぎても返済がなければ、当然督促の電話や督促状は送られてきます。当然、その間の利息は日々積み重なっていきます。そういった中で交渉しなければなりませんので、やはり専門家の力を借りたほうがよいのです。弁護士や司法書士は任意整理の依頼を受けると、即日各債権者に対して受任通知を呼ばれる書面を発送します。受任通知の効力は、この通知を受け取った債権者は今後直接相談者である債務者に連絡することが一切できなくなります。債務者の代理人になりましたことをお知らせする書類でもありますので、今後連絡を取りたい場合はすべて代理人である弁護士または司法書士を通してからとなるのです。それに受任通知を発送してから任意整理の手続きが完了するまでは月々の返済もストップします。

Copyright© 2018 借金悩みは任意整理で解決しよう|精神的にも解放される All Rights Reserved.