男性

家族や会社に知らずに手続

借金のことは家族や会社に知られたくない、自動車を手放したくない、保証人にも迷惑をかけたくないのであれば任意整理で借金問題を解決することです。任意整理は、整理する債権を任意で選ぶことができる手続きです。

ジャッジガベル

借金返済がきつい

借金返済が苦しい、任意整理をしたほうが楽になるのは分かっているがデリケートな問題なので身近に相談できる人がいない、層った場合には相談料無料の大手法律事務所に依頼することです。どれぐらい借金が減るかなど無料で調べてくれます。

天秤

弁護士に相談すべき理由

任意整理は個人でも債権者相手に交渉できる手続きではありますが、個人相手だとそもそも相手にしてくれないケースも多いです。和解成立するまでは督促が止まるわけでもないです。弁護士や司法書士の力を借りたほうがよいです。

本

弁護士に助けてもらう

任意整理を弁護士に依頼する場合、どの法律事務所に依頼したらいいかとなります。依頼するポイントについては、借金問題に力を入れていることです。相談料は無料である、相談実績や経験があり各消費者金融の情報も多く持っているなどです。

説明

どれぐらい元金が減るか

任意整理は、債権者と返済期間や返済額について交渉をする手続きです。和解成立したら返済額が圧縮されるので返済負担が軽減されます。個人でもできなくはない手続きですが、法的知識や交渉力も必要になるので専門家に依頼するのが最適です。

支払いが滞っている

説明

督促が止めることができる

消費者金融のカードローンを利用しているが、支払期日が過ぎても一向に返済をしていない、そうなると督促の電話や督促状が送られてくることになります。自分で支払いをしなければならないことは分かっていても収入が下がってしまい、まずは家賃の支払いそして生活費、そうなると借金返済は後回しになってしまう、自分ではどうすることもできない状態になってしまったら弁護士に相談をされるのがおすすめです。自分だけで解決せず弁護士に力を借りたほうがよい理由には、弁護士が債権者である消費者金融と債務者である相談者に間に介入し正式に任意整理を受任をすることで、今後債権者は直接債務者に督促行為を行うことができなくなるのです。そのため督促電話や督促状など直接接触することは禁止されるので、精神的にも解放されることになります。任意整理は法律の専門家に依頼せずとも個人で交渉して行うこともできなくはないのですが、個人で行うと督促がストップするわけではないのです。債権者と話し合いが終わるまでは利息は日々かかってきます。もし交渉失敗するとなると、それまでの経過利息も積み重なってくるので返済額が膨れてしまうことになります。確実に任意整理を成功させるためにも弁護士に依頼をしたほうがよいのです。弁護士に任意整理を依頼すると、取引履歴の請求から受任通知の発送、文書作成や交渉なども1社ずつ個別に行ってくれます。依頼者は和解が成立するのを待つだけです。

Copyright© 2018 借金悩みは任意整理で解決しよう|精神的にも解放される All Rights Reserved.